ようこそ!あなたも成功への道を歩みだそう

訪問マッサージのレセプト(療養費支給申請書)の書き方から請求方法まで徹底解説!

同意書&レセプトまとめ

 

今回は訪問鍼灸マッサージのレセプト(療養費支給申請書)の書き方から請求方法まで解説していきますね。

 

受領委任制度が開始されるにあたって訪問マッサージの保険請求は非常に煩雑になりました。

 

以前まではレセプト用紙と同意書さえあれば請求することができました。

 

しかし受領委任制度施行後は療養費総括表や往療内訳書などの書類も添付しなければならずめんどっちいことこの上ないです。

 

念のため受領委任なにそれ?ってかたがいたら下記のページを参照し、必ず受領委任に申し込みしましょう。

受領委任制度とは?訪問マッサージで保険請求するために必要な手続き
訪問マッサージ・訪問鍼灸で保険請求するためには受領委任制度への申し込みが必要です。受領委任制度とはなにか、また代理受領制度や償還払いとどう違うのか解説しています。また受領委任制度への申込書の書き方やどれが必要な添付書類なのかも解説しています。

 

受領委任が申しこみ完了していないと保険取り扱いができませんので注意してください。

 

では本題に戻り、具体的にレセプト作成をみていきましょう。

 

スポンサーリンク

レセプト(療養費支給申請書)の書き方

上から順に解説していきますね。

 

①療養費支給申請書( 年 月)

施術を行った年月を記入。例:令和1年10月分

 

②機関コード

受領委任を申し込みすると「療養費の受領委任の取り扱いの承諾について」に記載されている「登録記号番号」を記入する。

ここは従来、各保険者が施術所ごとに機関コードを発行し独自で管理していた名残り。

ただしここには何も記入するな、という保険者もいます。確認できているのは東京都後期高齢。ただ記入して送付してしまっても返戻された報告は今のところ無し。

 

③公費番号・市町村番号・受給者番号

ここの欄に関しては記入の必要はありません。が、念のため公費医療の場合は記入に必要があるかどうかの確認を保険者に行ってください。

 

④社国・公費・後高・退職

・健康保険、船員保険、国民健康保険の場合は「1社国」
・公費負担医療制度の場合は「2公費」
・後期高齢者医療制度の場合は「3後高」
・国民健康保険法による退職者医療の場合は「4退職」

を○で囲む。

 

④本外・六外・8高外一・0外高7

・患者が本人の場合は「2本外」
・未就学者の場合は「4六外」
・家族の場合は「6家外」
・高齢受給者、後期高齢者医療一般、低所得者の場合は「8高外一」
・高齢受給者、後期高齢者医療7割給付の場合は「0外高7」

を○で囲む。

上記に当てはまらない場合は○はつけなくて大丈夫です。

 

④給付割合

給付割合は患者の自己負担に応じて〇を記入。
例:1割負担の方なら9に丸をつける。
3割負担の場合は丸を付けなくてよい。

 

⑤保険者番号

患者の保険証に保険者番号が記載されているので、右詰めで記入します。

 

⑥被保険者証の記号番号

これも保険証に書いてあるので、そのまま記入します。
記号と番号の間にスペースを入れるか「・」又は「-」を記入する。

なお、後期高齢者医療の場合、被保険者番号を記入し、記号の記入は必要ない。

 

⑦発病又は負傷年月日

同意書に書かれている通りに記入します。
不詳の場合は、不詳と書くか無記載でOK。

 

⑧傷病名

同意書の通りに記入しますが、同意書に記入がなくともその他罹患している疾患名はここに記入してもOKです。

特に鍼灸のレセプトの場合は罹患している疾患名をここに記入しましょう。歩行困難であるということの説得力になります。

 

⑨療養を受けた者の氏名

施術を受けた患者の氏名を記入。
保険証通りに氏名、フリガナ、生年月日を記入し、続柄は「本人」か「家族」のどちらかを記入しましょう。

 

⑩発症又は負傷の原因及びその経過

記入する必要はありません。

 

⑪業務上・外、第三者行為の有無

「3、その他」に丸を付けましょう。

 

⑫初療年月日

初回の施術を行った日付を記入しましょう。この日付から1年以内であれば週4回以上の施術を行っても「長期頻回施術理由書」を添付が必要ありません。

ただ基本的に施術は多くても週3回以内に収めることをおすすめします。最近は不正請求に厳しく取り締まっているので監査の対象になる可能性あり。

 

⑬施術期間

開始日

同意書が交付されて初めて行われる施術日がある場合、その日を記入し、施術が継続している場合は、当月の初めの日(1日)を記入する。

最終日

申請書の「施術内容欄」の「転帰」欄が「継続」の場合は当月の末日を記入 し、「治癒」、「中止」又は「転医」の場合は当月の最終の施術日を記入する。

 

⑭実日数

その月に行った施術回数を記入します。

 

⑮請求区分

初めて保険者等に申請書を提出する場合、又は過去に申請書を提出した患者であっても、当該施術所において患者の疾病が治癒した後、 新たな疾病または再発した疾病について施術を行う場合は「新規」を○で囲む。

その他の場合は「継続」を○で囲む。
(なお、再発により「新規」とした場合の初検料については、 医師の診察及び患者の病状等を踏まえ保険者等が認めた場合に支給するものである。)

 

⑯転帰

・施術が継続中の場合は「継続」
・治癒の場合は「治癒」
・患者に対 する施術を中止した場合は「中止」
・保険医療機関に引き継いだ場合は「転医」

を○で囲 む。

 

⑰施術内容欄

傷病名又は症状

同意書の通りに記入します。

 

施術料金の部分

施術を行った部位に対して「単価」と「施術回数」で部位ごとの合計金額を出し、最終的な「合計額」「一部負担金」「請求額」を算出しましょう。

単価はこちらを参考にしてください

訪問マッサージの医療保険取り扱いと料金体系の基礎知識
訪問マッサージの料金体系から医療保険の取り扱いについて解説。受領委任制度によって療養費の支給対象や往療費はどう変わったのか。鍼灸マッサージの制約や新設された施術報告書交付料とは何か。多様なニーズに応え、現金集金以外の方法には何があるかなど、営業前にしっておくべきこと。

 

一部負担金

「一部負担金(1割、2割、3割)」のところの負担割合に丸を付け忘れないように。

 

施術報告書交付料

施術報告書交付料は前回の算定から5か月間を空けないといけません。
詳しくは以下の記事に算定条件があります

訪問マッサージの施術報告書の書き方&施術報告書料の算定の仕方
訪問マッサージ・訪問鍼灸で営業用にも最適なケアマネへの施術報告書の記入法や、医師に再同意をお願いする際の手順も含めて解説いたします。ケアマネに渡す施術報告書と医師に渡す施術報告書では書き方を変えるべきです。いかにケアマネの心に刺さる報告書をかけるかがカギです。
また交付料の算定月は再同意がなされた日付によって前後するため、保険者に確認が必要です!

 

⑱摘要欄

簡単に症状を説明し歩行困難であることを記入しましょう。「○○のため歩行困難である」みたいな。

鍼灸のレセプトの場合は、特に念入りに歩行困難であることを説明したほうがいいです。マッサージは医師が往診の可否を決めますが、鍼灸は往診の可否は鍼灸師が決めるため。

あとは施術管理者以外の施術者(勤務する施術者)が施術を行う場合、当該勤務する施術者の氏名とその施術日を記入する。

あと施術を行った場所が保険証の住所と違う場合、たとえば施設で行った場合は施設名と施設住所も記入しましょう。

 

⑲施術日

施術を行った月を記入し、日付のところには往診を行った場合、二重丸で記入していきます。

 

⑳施術証明欄

日付は最終施術日を記入し、登録記号番号を記入。

保健所登録区分

施術所なのか出張専業なのかどちらかを丸。

あとは住所・名称・氏名・電話・印鑑を記入押印。

 

㉑申請欄

日付も最終治療日を記入し、その下は保険者名を記入します。仮に東京都後期高齢ならば「東京都後期高齢者医療広域連合長 殿」って感じ。

申請者は保険証の通りに記入。

注意点としてここの申請者とは被保険者であって、国保ならば世帯主、健康保険ならば被保険者の氏名を記入します。

たとえば旦那に扶養されている妻を施術した場合、申請者は旦那の名前を記入するということです。

 

㉒支払機関欄

基本は「振込」です。
ゆうちょ銀行を使ってる人も「振込」です。
他は基本使いません。

預金の種類は基本は「普通」口座を利用します。
他の種類だと保険者が対応していない場合がほとんどです。

あとは金融機関名・支店名・口座番号・口座名義を記入。

 

㉓同意記録

同意書の通りに記入。
医師の氏名、医療機関の住所、同意年月日を記入。

傷病名は「上記傷病名」でOKです。

要加療機関は書かなくてOKですが、自分が管理しやすいように同意期限が切れる日付を記入してもOKです。

 

㉔代理人委任欄

日付は最終治療日を記入し、申請者はさきほどの通り「被保険者」の氏名と住所、代理人はあなたの住所とお名前です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これでレセプトの記入は完璧です!

 

基本は上記の通りに記入すれば問題ないはずですが、「こんな場合はどうするんだろう?」という時はお気軽に質問してください。

 

つづいて往診内訳書です。

 

往療内訳書の書き方

往療内訳書の書き方に関してはそんなに難しくありません。

 

用紙の下部にも注意書きがありますので問題ないかなと思います。

 

施術を行った日付、同一日欄は注意書きの通り、往療の起点は前患者の住所を記載し、施術した場所は保険証の住所ではなく、実際に施術を行った住所を記入します。

 

つづいて総括表の書き方です。

 

総括表の書き方

この総括表Ⅰに関しては使用しません。

 

この総括表Ⅰはいずれ審査会が設置された場合に使用することを予定されています。

 

どういうことかというと、現在はレセプトの提出先は各保険者に送付することになっています。

 

が、いずれはすべてのレセプトは保険者に関係なく審査会と呼ばれる国保連に似た組織に送付することになります。

 

その際に、保険者ごとの請求件数や料金をわかりやすくまとめるために総括表Ⅰが存在します。

 

なので現状は使いませんので無視してOK。

 

次の総括表Ⅱを使用します。

 

総括表Ⅱの書き方

①年月日

施術を行った年月を記入します。

 

②保険者名

保賢者名を記入。例:東京都後期高齢者医療広域連合長 殿

 

③請求者欄

受領委任の登録記号番号・施術管理者名・施術所名を記入

 

④〇〇療養費

ここはあん摩マッサージの請求ならば「マッサージ」と記入し、鍼灸なら「はりきゅう」と記入。

 

⑤請求

その保険者に送付するすべての患者の件数・合計費用額・合計負担金・合計請求額を記入します。

注意点として「本人」と「家族」では分けること!

 

それ以降のところは記入の必要はありません。

 

保険者に送付するもの一覧

 

レセプト関係の書き方は以上です。面倒ですが意外に簡単だったと思います。

 

流れとしては、

①すべての患者のレセプトと往療内訳書を作成。

②送付する各保険者ごとにレセプトと往療内訳書をまとめて、総括表Ⅱを作成する。

③あ、同意書も忘れずに!あとは保険者に郵送するだけです。

 

送付する書類

療養費総括表Excel

受領委任用(マッサージ)Excel

受領委任用(はりきゅう)Excel

同意書(あん摩)

同意書(はりきゅう)

往療内訳書

施術報告書(再同意の場合)

 

総括・まとめ

最後に

 

いかがだったでしょうか?

 

所々、注意点はあるものの基本的に記入はさして難しくありません。

 

書き方もすぐ慣れるので問題はないと思います。

 

それでも何かわからないことや不安なことがあればいつでもお問い合わせから聞いてくださいね。

 

ここまでで何かわからないこと

ご不明点がありましたら下記コメント欄か

お問い合わせからメッセージください。

お問い合わせ
わからないこと ご不安なこと なんでもお問い合わせください♪ またコンサルのご希望やご相談など なんでも聞いてください! なるべく即日の返信を心がけておりますが、2日経っても返信が無い場合は...

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます(^^)

ご質問・ご感想

タイトルとURLをコピーしました