ようこそ!あなたも成功への道へ歩みだしましょう

訪問マッサージの売れるネット集客法|その①

ネット営業のやり方 営業まとめ

 

さて前回まではケアマネ営業について解説してきました。

 

今回はネット営業についてお話ししていきます。

 

ネットやパソコンはわからない!という方もいらっしゃるかと思いますが、安心してください。

 

私もその気持ちはよーくわかりますので、みなさんが理解しやすいように解説していきますね!

 

スポンサーリンク

なぜネット営業なのか?

ネット営業をすすめる理由

 

集客の手段として

  • ケアマネ営業法
  • コミュニティ営業法

について解説してきました。

 

上記2つだけでも十分に集客できるのですが、問題なのは一定の集客ができたあとです。

 

ケアマネ営業は時間が必要だから

 

ケアマネ営業は営業する時間があるからこそできますが、一定の集客ができたあとは営業する時間が取れません。

 

患者様の施術に時間がかかり営業する時間が減れば、次第にケアマネさんからの依頼もストップします。

 

なのでケアマネ営業にかける時間が減ってしまっても依頼を絶やさない仕組みの構築が必要となってきます。

 

HPに力を入れていない治療院が多い

 

まだまだこの業界はホームページが古臭い治療院がとても多い業界です。

 

最近になってようやくホームページの重要性が高まってきましたが、それでもHPの作り方を理解していない人が多いです。

 

「月に1件成約するHPは驚異的」なんて言われている業界だからこそ、ネットで楽に集客できるチャンスです。

 

ネット集客は安価である

 

ネット集客の手法はいろいろありますが、HPにしても作成にはある程度の費用がかかります。

 

ではなぜネット集客が安価といえるのか?

 

それはホームページは1度作ってしまえば、基本はそれ以上に大きな費用がかかるということはありません。

 

つまり長い期間をみればネット集客のほうが安価であるといえます。

 

もしかしたらケアマネ営業のほうがお金がまったくかかっていないと思われているかもしれませんね。

 

しかしケアマネ営業にかける時間をよく考えてください。

 

仮にあなたの時給を1000円とみた時にケアマネ営業にかけたトータルの時間で費用を出してみてください。

 

きっとかなり高額な金額になっているのではないでしょうか?

 

それに営業はネットに任せて空いた時間を別事業に充てたりすることで、あらたなキャッシュを生むことも可能です。

 

  • 売上を最大化させる
  • 営業のトータルコストをおさえる。

 

この2点をおさえるにはやはりネット営業です。

 

具体的には魅力的なホームページを作成し【SEO対策】をしっかりすること。

 

そしてホームページを見てもらいやすくする【MEO対策】をすること。

 

もう1つは魅力的なランディングページを作成し【PPC広告】を出すこと。

 

の3つになります。

 

SEO?MEO??ちんぷんかんぷんという方も大丈夫!

 

1つずつしっかり解説していきますのでご安心を。

 

ただ魅力的なホームページの作成とランディングページの作成とPPC広告は費用がどうしてもかかります。

 

なのでケアマネ営業でしっかり集客を行い売上がでてきたら、はじめのうちは贅沢するのをぐっと我慢しましょう。

 

そしてその売上を広告費という必要経費だと思って、ホームページの改修やPPC広告などに回しましょう。

 

重要なことなのでもう少し広告費のみにとどまらず「投資する」という大切な考え方を解説します。

 

お金を燃やすという考え方

お金を燃やすという考え方

 

あなたは患者さんを目の前に連れてくる方法、つまり集客方法をどれだけ知っていますか?

 

実際に思いつくものを書きだしてみてください。

 

おそらくですが5つ程度くらいしか出ないと思います。

 

この世の中には集客方法の例として

  • ポスター
  • チラシ
  • サンプリング広告
  • 看板
  • フリーペーパー
  • タウンページ
  • Youtube
  • ケアマネ営業
  • ラック広告
  • PPC広告
  • SEO
  • ホームページ
  • ランディングページ
  • ジョイント
  • 施設体験会
  • ブログ集客
  • ポスティング
  • デイ送迎者追跡
  • etc…

 

とまぁ長くなるのでこれくらいにしますが、とてもたくさんの集客方法があります。

 

あなたはどの集客方法を試したことがありますか?

 

とある名言をお伝えします。

 

「私は30人の客に来てもらう1つのやり方は知らないが、1人の客に来てもらう30通りのやり方を知っている。そして私は、その30通りのやり方をすべて実行するのです。」
ダンケネディの顧客の言葉より

 

おそらく多くの訪問マッサージを行う人間は「ケアマネ営業」しかやってませんし、それ以外の方法がわかっていません。

 

集客法にしても収入源にしても、「1」という数字は非常に危険です。その「1」が倒れた瞬間、あなたの挑戦はそこで強制終了です。

 

あなたがもし運良く患者さんをバンバン紹介してくれるケアマネさんと仲良くなったとしましょう。

 

そのケアマネさんが退職または遠くへ移動した瞬間、事業を今まで通り維持することができますか?

 

だからこそ、ネット営業などの複数の集客方法を確立することが重要となります。

 

しかしながらネット営業をはじめ、多数の集客方法にはお金がかかります。

 

そして「お金をかけたら必ず集客できるか」と聞かれると答えとしては「NO」です。

 

鍼灸あん摩師はケチな人が多いので、お金をかけたらそれだけの目に見える見返りを求めがちです。

 

目に見える見返りが無い物にはお金をかけようとしない人が多いため、いまだにHPも古臭いところが多いのです。

 

見返りが無いものにお金をかけることは「お金を燃やす」ことと同じと考えてしまうんですね。

 

しかしお金をかけて失敗したとしても、本当になにも得るものがないのか?

 

そんなことはありません。

 

あらたな広告手段を試してうまくいかなかったとしても、うまくいかないという貴重なデータが残ります。

 

広告というのは生き物です。

 

少し前なら多額のお金を払って芸能人に商品を紹介してもらったら、バンバン商品が売れました。

 

しかし今はそれでは売れないんです。

 

最近はYoutuberと呼ばれる人たちが商品の宣伝をYoutubeであったり、インスタで宣伝する方が売れるんです。

 

広告の世界は常に変化しつづけており、かつての成功法則が今では失敗法則だったりするのはザラです。

 

だからこそ広告の手段や載せる文章だったりデザインだったり、なにが顧客を反応させるか「実験」しないといけません。

 

チラシでもネット広告でも、広告の実験の目安として収入の10%を充てるようにしましょう。

 

すぐには利益という形では返ってこないかもしれません。

 

しかしその実験の積み重ねにより、ケアマネ営業以外の集客法を確立できれば、あなたの事業は安泰でしょう。

 

ネット集客のメリット

ネット集客のメリット

 

24時間365日集客してくれる

 

ケアマネ営業はケアマネさんと会える時間や曜日に限定されてしまいますよね。

 

居宅が平日9時から18時まで空いているとすると、1週間でケアマネさんと会える時間は45時間しかありません。

 

1週間という時間は168時間あるのですから、ほとんどの時間を無為に過ごしていることになりますね。

 

しかしネット営業であれば24時間365日、あなたの治療院のことを宣伝し続けることができます。

 

ライバルが不在または弱い

 

最近になりネット集客がやっとこの業界でも重要性を認識されるようになってきました。

 

しかしまだまだネット集客をしていないところも多く、やっていたとしてもコンテンツとして弱いとこが多いです。

 

HPを作るにしても作り方というのがありますし、ただ見栄えがいいだけのHPでは客は取れません。

 

ケアマネ営業でアプローチできない層にアプローチできる

 

ケアマネ営業はその名の通りケアマネさんにしか会うことができません。

 

理想としては顧客である高齢者のかた、またはその家族のかたにアプローチしたいですよね?

 

ですが、どこに寝たきり高齢者のかたやその家族のかたがいるかわからないですからアプローチができません。

 

しかしネットであれば、スマホ、パソコンを利用することでどこでもあなたの治療院にアクセスできます。

 

総務省のデータではなんと今や高齢者の約50%がスマートフォンを利用しています。

 

ネットからリアルにつなげることができる

 

リアル営業は現金はほとんどかからないものの、どうしても貴重な時間がかかります。

 

またケアマネさんの中であなたに紹介してくれるようなケアマネさんは全体の2割程度です。

 

だからといってケアマネ営業が必要ないとは言いませんよ!

 

なんの集客にしてもケアマネ営業が重要なのは以前までの記事をお読みいただいてたらご理解しているはず。

 

一定の集客ができたあと効率よく集客するのであればやはりネット集客です。

 

ネットで集客できればその患者の担当ケアマネへアプローチとつなげていくことが可能です。

 

ネット集客のデメリット

ネット集客のデメリット

 

初期投資がかかる

 

HPをSEO対策も含めてしっかり作りこもうと思うと20万円はかかると思ったほうがいいです。

 

またPPC広告用のランディングページも10万程度はしますし、PPC広告自体も毎月5万程度はしますね。

 

SEOやPPCという用語がまだわからなくても大丈夫!

 

現段階ではネット集客には上記のような費用がかかるものだと理解してください。

 

広い範囲から問い合わせがある

 

ネット集客では2つの広い範囲から電話がくることがあります。

 

それは

  • 地域が広い:往診範囲ギリギリや圏外もザラ
  • 歩行困難が微妙:やや歩けるような人も依頼してくる

上記2つの問い合わせもよくくるので対応が大変になる場合があります。

 

というのも見込み客はHPの文章を流し見して問い合わせてきますので、しっかり読んでくれません。

 

なので問い合わせがあったらしっかりと対応患者の見極めを行わないといけません。

 

ここは大事なことなのでもう少し詳しく解説します

 

見込み患者の3つのNOT

3つの心理的NOT

 

読まない

 

さきほども少し書きましたが、見込み患者さんはあなたのページを隅から隅まで読みません。

 

興味がなければ5秒であなたのHPから離脱します。

 

そのためファーストビュー(ページを開いた瞬間に目に入る部分)で自分のためのサービスと認識させるのが重要

 

全体的に流し読みされるので大項目と中項目のタイトルと写真だけで内容をイメージさせるのがテクニックです

 

信じない

 

どれだけ文章で「たくさんの患者様から支持されてます」とか「地域No1」といっても見てる人は信じません。

 

患者様との2ショット写真や患者直筆の推薦の声を掲載したり、動画でどんな人間が治療するか自己紹介したりなど

 

  • 写真
  • 動画
  • お客様の声
  • メディア掲載実績

などをHPに証拠として並べる必要があります。

 

行動しない

 

よーく考えてください。

 

見込み客はあなたの治療院に依頼しようと思って、あなたのHPにやってきたと思いますか?

 

残念ながら違います。

 

見込み客は体の痛みやリハビリの悩みを解決してくれる「何か」を求めて検索し、あなたのページにやってきます

 

つまりあなたのページにやってきた段階では、自分の悩みを解決してくれるのか疑っている状況です。

 

そして見込み客があなたのHPをみて、いつ、どのタイミングで問い合わせたくなるのかわかりません。

 

そのためにHPの中に問い合わせメールフォームや電話番号を随所に複数設置しておくことが重要です

 

見込み客が「ここなら悩みを解決してくれる!」と思った瞬間に問い合わせ先がわからないと離脱する可能性があるからです

 

この随所に問い合わせ先を設置しておくことをレスポンスデバイスといいます

 

スマホですと、常に画面下部に問い合わせ先を表示させたりすることもできますね!

 

総括・まとめ

最後に

 

今回はネット営業の概論ということでネット集客に必要な心構えや考え方について解説してきました。

 

全体を通して言えることは「ネット集客は必ずやった方がいい」ということ。

 

今や高齢者のスマホ所有率が50%ですから、これからどんどん右肩上がりで上昇することでしょう。

 

またSNSやYoutubeといったさまざまなネットコンテンツの利用率も高まり、そこでの宣伝も今後必要になります

 

ケアマネ営業しかしていない人間と

 

  • ケアマネ営業
  • HP集客
  • PPC集客
  • Youtube集客
  • Facebook集客
  • インスタ集客
  • Twitter集客

などを手広くやってる人間とでは圧倒的に差が生まれます。

 

前回のFacebook活用法でも話しましたが、SNSなども接触回数の原理が働きます。

 

ネット上であなたの治療院のことを見かける回数が増えると、勝手に「安心の治療院」だと見込み客は思います。

 

「ネットのことはわからない!」では済まされない時代がもう目の前まで来ているんです

 

当サイトでもできる限りわかりやすくお伝えしていくつもりですが、あなた自身も調べる癖をつけましょう

 

今やこれだけ便利な時代ですから難しいことはありません。

 

私と一緒に少しずつ前進しましょう!

 

次回はもう少し具体的なお話しに入っていきます。

 

ここまでで何かわからないことや

ご不安なことがありましたら下記コメント欄か

お問い合わせまでメッセージください

お問い合わせ
わからないこと ご不安なこと なんでもお問い合わせください♪ なるべく2日以内の返信を心がけておりますが、3日経っても返信が無い場合はお手数ですが、再度お問い合わせください。 お問い合わせフォーム

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます(^^)

 

 

ご質問・ご感想

タイトルとURLをコピーしました